読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

きっとあなたのためになる。ブログです。

Twitterでは呟けない、Facebookにしては専門的すぎる...そんなことを書いていきます。『栄養学・医学・スポーツ学的視点から』

(中編) 酵素サプリメントの闇と謎。巷で流行りの酵素サプリメントについて考える (万田発酵編)

前回は酵素サプリメントにそもそも酵素が入っているのか…??という謎を皆さんにお届けしました。結果はきっと入ってるが、きっと効果はない。という結果です。実にグレー。

 

今回は、2つの企業の酵素サプリメントを例に出して皆さんに効果をお伝えしようと思います。(※あくまで論文上の結果です。使用上の結果ではありません)

 

紹介する企業は

万田発酵株式会社の「万田酵素

株式会社バイオバンクの「OM-X」

に2種類です。

万田発酵が誰もが知る酵素メーカーの1つであの世界的銀河系軍団とも言われるマンチェスター・ユナイテッドの公式スポンサーです。(今はどうかは不明)

 

OM-Xは知る人ぞ知る酵素サプリメント

万田酵素とは異なり、加熱してない生酵素を使用している、というのが売りのようです。

ソフトバンクホークス監督の工藤公康さんも愛用しているそうです。(怪しい)

 

万田発酵さんの論文を1報紹介します。

Supplemental fermented plant product ('Manda Koso') reduces succinate and deoxycholate, as well as elevates IgA and mucin levels, in rats fed a high‑fat diet

 

2015年、広島大学の栄養系の研究室が万田発酵と共同研究で出した論文です。

タイトルを訳すると「高脂肪食を与えたラットに、万田酵素を摂取させたら、コハク酸とデオキシコール酸が減少し、IgAやムチンが増加した。

 

という論文です。摂取期間は3週間。

簡単に極々簡潔を述べます。

「万田酵素をラットに摂取させたら、腸の調子がめっちゃよくなった!!」

ということです。コハク酸やデオキシコール酸は腸内の細胞毒性に寄与してしまうので、腸に悪影響を与える [2]。IgAやムチンは腸管のバリア機能を有しており、これらが増加するということは、飲まないよりは腸管系が保護(腸内フローラを保護する)されているため腸の病気にかかりにくくなる[3]。ということです。簡単に言うとね。

 

ところが、この論文でも述べられています。これらの効果はポリフェノール食物繊維の摂取により得られるため、確認が必要である。と。そりゃお通じが良くなる!!お腹の調子がいい!!なんて食物繊維のジュースでも飲んだら同じ効果でますよね。

 

・・・・・結果発表です。

 

ということです... 酵素の科学的根拠なし。

あくまで論文上の結果ですよ。

 

 

続いてOM-Xについてですが・・・

長くなりそうなのでまた、後編で。

 

[1] Yang, Yongshou, et al. "Supplemental fermented plant product (‘Manda Koso’) reduces succinate and deoxycholate, as well as elevates IgA and mucin levels, in rats fed a high‑fat diet." Biomedical reports 3.6 (2015): 787-791.

[2] Inagaki, Akiko, Hirofumi Ichikawa, and Takashi Sakata. "Inhibitory effect of succinic acid on epithelial cell proliferation of colonic mucosa in rats." Journal of nutritional science and vitaminology 53.4 (2007): 377-379.

[3] Taira, Toshio, et al. "Dietary polyphenols increase fecal mucin and immunoglobulin A and ameliorate the disturbance in gut microbiota caused by a high fat diet." Journal of clinical biochemistry and nutrition 57.3 (2015): 212-216.

筋肉をつけるには?巷で噂のHMBはほんとうに効果が実証されているのか。

2本目の投稿です。まだなんにも実績はありませんが、いずれは皆さんの役に立てるといいかなと思っています。

 

さて。本日の話題はズバリ「HMB」についてです。

 

f:id:lavo-fun:20170423134721p:plain

HMB構造式

 

HMBってなんぞや、って話ですが、HMBの正式名称は「beta-hydroxy-beta-methylbutyrate」といいます。

日本語ではヒドロキシメチルブチレートです。(ベータはややこしいので不要)

正確にはβ位にメチル基と水酸基が付いてるよって意味。(はいどうでもいい)

 

これは筋トレやスポーツをしている人には随分おなじみになった

アミノ酸であるBCAA(バリン・ロイシンイソロイシン)の1種であるロイシンが体内で代謝された成分です。

 

バルクスポーツ BCAAパウダー 200g グレープ (アミノ酸)

バルクスポーツ BCAAパウダー 200g グレープ (アミノ酸)

 
ON BCAA 1000 200粒カプセル 海外直送品

ON BCAA 1000 200粒カプセル 海外直送品

 

 

HMBはロイシンから体内で代謝されて生成されますが、摂取されたロイシンの5%がHMB変換されることが分かっています [1]。また、効果を得るには3 g/日の摂取が必須だということです [2]。あらゆるサイトを見て、まずまず引用が無かったので本当か疑っていましたが、ちゃんと正しい値でした。安心。

 

ただし、皆さん勘違いしていることがあるはずです。

「HMBってプロテインの最強版なんでしょ!!」

「HMBさえ飲めば筋肉つくんでしょ!!!」

ということです。大きな勘違いです。(正確にはでした。)

私HMBのこと知りませんでした。なので調べつくしました。

 

結果。

「HMBには筋肉増幅効果は一切なく、タンパク分解を抑制させる効果がある」[3-4]

ということです。要するに、

HMBが効果があるのは、きちんと筋トレ・運動をしまくった人に限る、ということ、

それに、これまで通りプロテインは必要であるということです(ソイとかホエイとか)。

トレーニングをした場合、元々ある筋肉のタンパク質が多少分解されてしまいます [5]。それを抑制させる効果がある。ということで、効果としてはBCAAと変わりはないと思います。

 

いいですか。

筋肉をつけたい場合、トレーニングが必要です。

より効率的につけたい場合、トレーニング+プロテインが必要です。

さらに効率よくつけたい場合、トレーニング+プロテイン+BCAA or HMBが必要です。

 

トレーニング+プロテイン+BCAA or HMB > トレーニング+プロテイン >> トレーニング

 

ということです。 あくまで、トレーニングは必須です。

HMBが筋肉をつける、という論文は私が調べた限りではありませんでした。

もしくは、実験手法に問題があり、効果を認めることが困難なレベルです。

 

なので、正直HMBよりはBCAAの方が効果は多く実証されており、確実だと思われます。なのになぜ最近になってHMBが日本で騒がれ始めているのかと言うと日本がアメリカにずいぶん遅れを取って流入してきて、巷に広がり始めたわけです。アメリカはサプリメント国なので、栄養食品もプロテインも何でも摂取します。しっかりしたリファレンスがあれば何でも取ります。ですが、慎重派も多いのでHMBの怪しい効果よりはBCAAを利用している方のほうが圧倒的に多いと思います(あくまでこれは主観)。

 

確実に筋肉をつけるだけであれば、プロテインだけで十分です。

疲労回復を早めたい、などよりアスリートな方にはBCAAを私はおすすめします

 

引用文献は下に記載しています。

 

ザバス ホエイプロテイン100 ココア味【50食分】 1,050g

ザバス ホエイプロテイン100 ココア味【50食分】 1,050g

 
バルクスポーツ ビッグホエイ 1? ナチュラル (プロテイン)

バルクスポーツ ビッグホエイ 1? ナチュラル (プロテイン)

 

 

 

 

[1] Zanchi NE, Gerlinger-Romero F, Guimaraes-Ferreira L, de Siqueira Filho MA, Felitti V, Lira FS, Seelaender M, Lancha AH Jr: HMB supplementation: clinical and athletic performance-related effects and mechanisms of action. Amino Acids 2011, 40:1015–1025.

[2] Wilson GJ, Wilson JM, Manninen AH: Effects of beta-hydroxy-betamethylbutyrate (HMB) on exercise performance and body composition across varying levels of age, sex, and training experience: a review. Nutr Metab (Lond) 2008, 5:1.

[3] Wilson, Jacob M., et al. "International society of sports nutrition position stand: beta-hydroxy-beta-methylbutyrate (HMB)." Journal of the International Society of Sports Nutrition 10.1 (2013): 6.

[4] Wilson, Gabriel J., Jacob M. Wilson, and Anssi H. Manninen. "Effects of beta-hydroxy-beta-methylbutyrate (HMB) on exercise performance and body composition across varying levels of age, sex, and training experience: A review." Nutrition & metabolism 5.1 (2008): 1.

[5] MacLean, D. A., T. E. Graham, and B. Saltin. "Branched-chain amino acids augment ammonia metabolism while attenuating protein breakdown during exercise." American Journal of Physiology-Endocrinology And Metabolism 267.6 (1994): E1010-E1022.

 

(前編) 酵素サプリメントの闇と謎。巷で流行りの酵素サプリメントについて考える

近年健康を気遣う人たちが増えてきています。非常に良いことですね。

ですが、最近では色んな企業から健康食品が出てきて一体どれを信じて良いのか、一体どれを買えば健康に効果があるのか。皆さんお困りかと思います。

 

そんなみなさんのお役に立てるよう、しっかり科学的根拠のある証拠を元に皆さんに情報をお届けしていきたいと思っております (個人的主観も入りますが…)。

 

 

 

さて、その第1回の本日は酵素についてです。

最近では酵素が巷では流行っているとかなんとか...

O-MX、万田発酵、DHC、日本自然発酵...

あらゆる酵素が各メーカーから発売されています。

 

そもそも酵素とはなんでしょうか...

【生体で起こる化学反応に対して触媒として機能する分子である。多くの酵素は生体内で作り出されるタンパク質を基にして構成されている。したがって、生体内での生成や分布の特性、熱や pH によって変性して活性を失う(失活)といった特性などは、他のタンパク質と同様である。[1]。とWikipediaにあります。化学に詳しくない方にとっては触媒ってなんや?となるかと思いますが、簡単に酵素を述べると、「生体内で生じる化学反応を助ける成分。」ということでいいかと思います (間違ってたら誰かご指摘お願いします)。

 

そもそも、酵素には大きく分けて「消化酵素代謝酵素があります。

消化酵素はプロテアーゼやリパーゼ、アミラーゼといった食物を消化するための酵素で、皆さんがご飯を食べると自然と体内で生成されるやつですね。

 

代謝酵素は例えば皆さんがお酒を飲んだ時にアルコールを無毒に変えてくれるためのADH(アルコール脱水素酵素)やALDH(アセトアルデヒド脱水素酵素)などのことを言います。皆さんが生きていく上でどちらも必須な重要な役割を担ってくれているタンパク質です。

 

さて。ここからが本題です。

皆さんが摂取しているのはどっちの酵素でしょうか….???

 

正解は「消化酵素です。

あらゆる消化酵素が各企業の酵素サプリメントには含有されている(ものもあります)

 

しかし、健康食品や医薬品に詳しい方はお気づきかと思います。

「あれ…消化酵素ってサプリメントに入れていいの・・・???」

という指摘です。

 

単刀直入に申し上げますと、

サプリメントに消化酵素を含有させてはいけません!!!!!」

 

あれ。入ってる(ものもある)ってさっき言ってたじゃん…とおっしゃられるかもしれませんが、そうです。入ってます(きっと)。ですが…本当は入れてはいけないのです。

医薬品以外に消化酵素を含むことは薬事法違反」です。医薬品にしか消化酵素は含めてはいけません [2]。

 

よって。。。

どの企業も「我々の製品に酵素が入ってる」なんて一言も言ってません!!!

あったら教えてください。

 

これ。皆さんご存じないんです。

「いやいや。製品名に酵素って入ってるじゃん」

とおっしゃられるかもしれませんが、あくまでそれは製品名ですので。自由です。

 

商品の裏になんて書いてあります?

「植物発酵エキス」「乳酸菌発酵エキス」

とあります。あくまで、野菜を酵素/菌で発酵させただけです。

 

いやーずるいです。書き方がズルい!!!

しかも、「これは栄養機能食品です。」なんて書いているものもありますが、酵素に栄養機能があるとは述べていません。中に入っている1種類のビタミンに分かりきった健康機能があるので、栄養機能食品になるのです。酵素は全く関係ありません。

 

ですが、「発酵エキス」とあるため、消化酵素や菌を用いていることは確かです。菌も発酵途中に消化酵素を菌外に排出しますので。同じことです。それを搾って濾過し、商品としているのです。その濾液にはおそらく消化酵素は含有しています(全てとは言いませんが)。

 

安心してください。入ってますよ...(本当はダメだけど)

 

なので、効果はおそらくあるのでは…と思っています。加熱処理の関係上、酵素が失活している。との指摘もありますが。私は酵素関連商品はこういった理由もあり嫌いなので、使ったことがありませんが。

 

 では、どんな酵素サプリメントを選ぶべきなのか。酵素サプリメントはかなりのグレーゾーンですが、一応私の視点から皆さんに次回お伝えできればと思います。

 

でわでわ。

 

[1] https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%85%B5%E7%B4%A0

[2] http://www.89ji.com/law/6/

 

(間違いや、疑問点があれば是非コメントにてご指摘ください。よろしくお願いいたします。)